Zvolog クリシュナ 別館

Ego Manifestorのひとりごと 最近すっかりハイヤーとの対話&神社メインに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに

とりあえず記録


2008年12月02日
シリウスの裏3女神

裏や、闇というと、
何かとてつもなく悪いもの、陰謀などのように
観じる方もいらっしゃるかもしれません。

そういうものについては、
その筋の担当の方にお任せしたいと想います。

私がここで云う闇とは、
善悪の範疇を超えた深淵な宇宙の
ポジティヴに対する、もう一方の側面です。

半年前に書かれた、江ノ島神社の3姉妹の話を、
もう少しだけ掘り下げさせて頂きたいと想います。

シリウス経由の、ネガティヴ系の闇から降りてきた、
裏の3人の女神が存在します。

それが、ソティス、サティス、アヌキスの3人であり、
これらの女神は、三位一体です。

ソティスさんは、以前からお伝えしてありますように、
瀬織津姫さんです。

他の2人は、闇・神(くらおかみのかみ)さん、
高・神(たかおかみのかみ)さんです。

※ ・にあたる文字は、あめかんむりに龍

3人とも、水の女神です。

この3人を表すエネルギーの色は、濃いブルーです。

江ノ島神社の御祭神であり、宗像大社の宗像3女神は、
表向きは、海の女神ということになっています。

しかし、彼女たちは、シリウスの裏3女神にあたります。

それは何故かと申しますと、霊的に観たとき、
ダビデの星をシンボルに掲げているからです。

長女の多紀理毘売命(たきりびめのみこと)さんは、
木花咲耶姫さんと同一神ではありません。

これは何故かと申しますと、
エネルギーの色が違います。

木花咲耶姫さんのエネルギーの色は、
スカイ・ブルーで、もう少し、透き通ったブルーであり、
彼女は、ダビデの星をシンボルにはしていません。

そもそも彼女は、水の女神ではなく、火の女神です。

木花咲耶姫さんは、最近、巷で出回っている
本などでも紹介されていますように、
プレアデスからシリウス経由で来た女神です。

木花咲耶姫さんが、表でしなやかに浄化を行なっていて、
その裏で猛威を振るって浄化にあたっているのが、
瀬織津姫さん、という位置づけになります。

ともに、表裏一体で協力されています。

闇・神さんと高・神さんも、
裏で暴れまくるように浄化を行なっている
という観じですが、この裏の3女神は、
表に出て来る女神とは比較にならないぐらい、
太古からの強大なエネルギーを宿しているのです。

この浄化の過激さは、日本列島よりも、
主に、海外の国々に現れています。

最も宇宙の根源近くから来ている
強大なエネルギーでありますので、
恐れられ、隠されてきたのです。

それらが、表に出て来たということですので、
女性性意識の水瓶座の時代という、
真なる太陽信仰(縄文信仰)が復活します。

私は、シリウスの、どちらかといいますと、
裏の側面を担当させて頂いておりますので、
表現が分かりづらいかもしれませんが、
これを、一般的な表現で云うのならば、
地球が大転換する弥勒の世のことです。



とりあえず記録

★プレアデス星系内の惑星「7個」=「セヴン・シスターズ」

第1惑星 → アルシオーネ = 木花咲耶姫(このはなさくやひめ)さん
第2惑星 → アトーラス = 磐長姫(いわながひめ)さん
第3惑星 → ケラエノ = 奇稲田姫(くしなだひめ)さん
第4惑星 → エレクトーラ = 豊玉姫(とよたまひめ)さん
第5惑星 → プレイオーネ = 玉依姫(たまよりひめ)さん
第6惑星 → メローぺ = 竜田姫(たつたひめ)さん
第7惑星 → マイアー = 佐保姫(さほひめ)さん

シリウス文明より…
7人の女神の姉妹たち「セヴン・シスターズ」


プレアデス星系内の、
「セヴン・シスターズ(The Seven Sisters)」である、
“7人の女神の姉妹たち”の、それぞれの惑星の
おおよその位置は、下記の図で確認することが出来ます。
f0071303_0423076.jpg

上記図は、『ウィキペディア(Wikipedia)』 より

「セヴン・シスターズ」は、日本の神々たち、
その中の女神たちに置き換えることが出来ます。

下記はそれぞれ、同一神(本体と同一の魂)
ということになります。

『古事記』や『日本書紀』などの、
日本の神話の中で伝えられているような、
姉と妹の立場が逆になっていたりと、
これらの古文書の捏造ぶりが、ここでも伺えます。

なぜ、これらの古文書の捏造が起きたのかと云えば、
正しく、宇宙の真実の道へ到達させないための
大いなる陰謀があった、ということになり、
これは、ネガティヴ(闇)側からの観方です。

これを、ポジティヴ(光)側からの観方に換言すれば、
地球人類が大幅な変容を迎える、いま・この時期が訪れるまで、
厳密に隠されて来た、ということになります。

とても不思議に想われるかもしれませんが、
これらを、真ん中(中心)から観たときに、
地球人類にとって、適切な時期が訪れるまでに、

“ポジティヴ(光)側も、ネガティヴ(闇)側も、裏で隠し守って来た”

という観方となってしまいます。

つまり、ネガティヴ(闇)は、
あくまでも、ヒール役なのです。


★プレアデス星系内の惑星「7個」=「セヴン・シスターズ」

第1惑星 → アルシオーネ = 木花咲耶姫(このはなさくやひめ)さん
第2惑星 → アトーラス = 磐長姫(いわながひめ)さん
第3惑星 → ケラエノ = 奇稲田姫(くしなだひめ)さん
第4惑星 → エレクトーラ = 豊玉姫(とよたまひめ)さん
第5惑星 → プレイオーネ = 玉依姫(たまよりひめ)さん
第6惑星 → メローぺ = 竜田姫(たつたひめ)さん
第7惑星 → マイアー = 佐保姫(さほひめ)さん



姥ヶ懐にいる時に頭上で飛行機が描いた空の5芒星…
(kagariさんのシリウス文明より)

「五芒星」のルーツは、シリウス星系そのものを表す

陰陽師(おんみょうじ)という仕事で知られるところの、
秘儀なる教えに、陰陽道(おんみょうどう)
というものがあります。

歴史上、陰陽師として有名な人物はと云えば、
役小角(えんの おづぬ)さん、安倍晴明さん
などのお名前が挙がるかと想われます。

陰陽道の中でも、一般的に、
最もよく知られていて、
彼らも使っていたシンボルに、
「五芒星」、ペンタグラム(Pentagram)
があります。f0071303_2052148.png





「五芒星」は、シリウス星系内の惑星「5」個
そのものを表しています。

「五芒星」を、一筆書きした場合、

[頂点から左下点へ] → [左下点から右点へ] →
[右点から左点へ] → [左点から右下点へ] →
[右下点から頂点へ]

というように書けるわけですが、
シリウス星系内の惑星「5」個も、
これに沿った形で、それぞれを指し示しています。

すなわち、

頂点  → シリウスA 「アルメーラ」
左下点 → シリウスB 「ディジターリア」
右点  → シリウスC 「エンメー・ヤ」
左点  → シリウスD 「ニャン・トーロー」
右下点 → シリウスE 「ミネラーヴァ」

ということであり、陰陽師の彼らは、
「五芒星」が、シリウス星系そのものを表すこと、
「五芒星」から、シリウス星系に繋がることが
出来るのだということを知っていたのです。

なぜならば、陰陽道の秘儀なる教えのルーツは、
「シリウス星系」にあるからです。

「五芒星」に隠された暗号文は、

“宇宙の真なるキリスト“サナンダ”意識の真髄は、シリウスにある”


「シリウス」を、和名で「泰星」と呼びますが、
このような呼ばれ方にも意味があります。

「泰星」の「泰」の字の、上部が火で、下部が水です。

上部は、下向き三角形「火」で、
下部は、上向き三角形「水」であり、
火と水の結びで、「六芒星」を表しています。

つまり、「泰星」とは、シリウスA「アルメーラ」
そのものを指しますので、シリウス星系の表側を
観ていることになります。

また、中国名で呼ばれるところの「犬狼星」ですが、
犬狼は、アヌビスさんのことを指していて、
アヌビスさん(本体、本霊)の出身星を表しています。

その出身星とは、シリウスB「ディジターリア」であり、
「犬狼星」といった場合に、シリウス星系の裏側を
観ていることになります。

そうしますと、シリウス星系内の宇宙銀河中心軸は、
シリウスC「エンメー・ヤ」で、シリウス星系の
惑星軌道運行システムは、ここを基点として、
その他の星々が周回しています。


もう一度、「泰星」のお話に戻ります。

「泰星」には、裏側の意味も含まれていて、
それは、「泰」の字の画数に鍵があります。

「泰」の字の上部の画数が5画で、
下部の画数も5画です。

5画「火」 + 5画「水」 = 10画

ですが、数字の「5」は「バランス」で、
数字の「10」は「統合」を表し、それは、
2つのバランスが保たれているもの、
火と水との結びで、統合を表します。

数字の「5」が出ていることから、
表側の「五芒星」に繋がってゆくことも示されています。

5画「火」と、5画「水」とは、それぞれ、ともに、
「六芒星」の中の三角形を表すわけですが、それらを、
上向き三角形の位置で、2つに重ね合わせますと、
これも、シリウスのシンボルのひとつであり、
下記図の二重三角形となります。f0071303_207539.gif





二重三角形のシンボルとは、
シリウスを裏側から観た側面です。

すなわち、二重三角形のシンボルとは、
シリウスB「ディジターリア」そのものを指し、
この星に繋がることが可能です。

二重三角形のシンボルに隠された暗号文は、
ずばり、“SIRIUS”です。

これを、解読いたしますと、

「Space Illumination Rebirth Into Universal Spirituality.」

“宇宙空間における輝ける光明は、全宇宙の霊的生命の中で再生する。”

以上、引用終わり//


「セヴン・シスターズ」を産んだご両親は、

お父さん → 大山祇神(おおやまつみ)さん
お母さん → 鹿屋野比売神(かやのひめ)さん



開示の時
すべてがつながる。ヤハウェと唱えるとすべてが動き出す。

ヤハウェととなえると、私の中の激しいものが溢れ出す。

封印が解かれてゆく。

ツインフレーム(藤原)のエネルギー体、封印が、いま、解かれてゆくようだ。

開示の時を迎えている。

グリフォン… 鷲と獅子のエネルギー

セクメトはシリウス神。

そしてハトホル、金星意識との結合…

【セクメト】 [shmt]

  セフメト。セヘメト。語義的に「力強いもの」を意味するが、ギリシア時代には「炎」であると解釈された。猫あるいは雌獅子の女神の一柱であり、雌獅子あるいは獅子の頭を持つ女として表される。
  古王国時代は王の母及び王の守護者であり、神界においても神々の王たるラーの守護者であり「ラーの眼」である。しかしながら、中王国以降はその荒々しい側面が強調されるようになった。
  荒々しいセクメトは、吼え猛る雌獅子であり(その鎮められた形がバステトだと考えられた)、火のような息を吐くものとして「燃えるようなもの」「炎」をあらわすセクメト=ネセレトという表現がなされるようになった。また、その燃える息は疫病やいろいろな病をもたらすと考えられた。そのため、セクメトの祭司はしばしば医師=魔法使いであった。

【ハトホル】 Hathor [hwt-hr]

  ヘゥト=ヘル。ハトル。その名から、ホルス神話に密接な関わりを持つ女神。すなわち名の意味は「ホルスの魂」「ホルスの住居」などと訳されるものである。
  雌牛の女神。太陽の円盤を戴く雌牛。あるいは太陽を雌牛の角の間に戴く女。天の雌牛。豊饒の女神であり、子供の誕生、美、愛、結婚の守護神でもある。とはいえ、ラーの眼としては血に酔う女神としての残虐な一面も備えている。
  金色(黄色)の雌牛、あるいは黄褐色か黄色の肌をした女として表される。また雌の隼やライオンで表される事もある。雌牛と雌猫が聖獣。エドフのホルス神あるいはラーの妻。また、ラー、及びヌンの娘でもある。更にラーは彼女の息子ともみなされる。それらの過程でマアト、イシス、テフヌト、セクメト、バステトら多数の女神と結合した。また、ギリシア人には、アプロディーテーと同一視された。
  エジプト末期には、死者を大変慈しむ女神と考えられ、砂漠の縁で死者を待ち、水とパンを与える存在とされた。
  本来は大変に古い太女神だったと考えられている。エジプトだけでなくエジプト支配下の外国でも崇拝されていた。




恵みの雨  ~エジプトの神 セクメトからのメッセージ~
〈ブログ シリウス文明がやってくる より引用〉

「何度も死に掛けたというのに
なぜに あなたは 私を生かし続けるのか…」

あなたは叫び続ける

あなたには 未来が観えなくても
わたしには 輝かしい未来が続いているのが観えます


「辛いことばかりで
何にもいいことがないじゃないか…」

あなたは嘆き続ける

あなたが 暗い闇の中で 手探りで歩んでいるときも
わたしには あなたが光の道へ一歩 また一歩と
踏み出しているのがわかります


「悲しいニュースばかりで
希望の欠片も見当たらないじゃないか…」

あなたは太陽に背を向け続ける

あなたには 明日が信じられなくても
わたしには 喜びに満ち溢れた
あなたの笑顔だけが観えています


「もう限界だ…
これ以上 前に進めるわけがない…」

あなたは 宇宙が いかに完璧な世界かを知ろうとしない

あなたには 誰も彼も信じられなかったとしても
宇宙は ただ あなたを信じきっています

それは あなたが創った宇宙だから
宇宙は あなたが絶対的に信じてくれることを待っています

そうすれば 宇宙はあなたに親切な答えを返してくれます


それでも あなたは 背を向け続けますが
もう限界だというのなら いっそのこと
宇宙にすべてを 預けてみては如何でしょうか


無理だ ダメだと あきらめかけても ほら
いまも あなたに 恵みの雨が降りそそぎます


セクメト より

ということで、上記の神々となっておりまして、
いずれも、プレアデス星系から降りて来た神人たち
であることが分かります。




弥勒の世 すべてはひとつ のHPを訪れました。以下は抜粋。

丑寅の金神様は国之常立神様・素戔男尊(スサノオ)様・月讀命(ツクヨミノミコト)様であり鬼門を表します
未申の金神様は豊雲野神様が中心の猿田彦様・男性意識と天宇受賣命(アメノウズメ)様・女性意識の三位一体であり、裏鬼門を表します
天宇受賣命様は猿女=サルメと呼ばれ、新約聖書の中に登場するイエスの弟子にあたるマリア・サロメ=サロメであります。
籠歌(かごめ かごめ)の鶴はイスラエルから見て東北の鬼門にあたる日本であり、亀は日本から見て南西のにあたるイスラエルで、世界の雛型である日本列島の鬼門にあたる摩周湖に国之常立神様は封印され、裏鬼門の開聞岳に豊雲野神様は封印されていました。

そのことは竹内文書に書かれており国之常立神様は国万造主大神(クニヨロズツクリヌシノオオカミ)様であり、豊雲野神様は国万造美大神(クニヨロズツクリミノオオカミ)様であります大祓の中に創造神二柱の封印が天津罪として暗号化され記されています。

ガイア地上は国之常立神様がお創りになられましたが、ガイア地下のアガルタ=龍(竜)宮城は豊雲野神様がお創りになられました。

龍 (竜)宮城の乙姫(音姫)様は豊玉姫様で知られておりますが乙姫様とは観音経の五音・瑞の御魂に当たり、乙姫様は市寸島比売命(イチキシマヒメ)様【妙 音】・木花咲耶姫様と磐長姫様【観世音】・多紀理毘売命(タキリビメ)様=瀬織津姫様【梵音】・豊玉姫様と玉依姫様【海潮音】・多岐都比売命(タギツヒ メ)様【勝波世間音】です

アガルタ・龍(竜)宮城は新しいガイアに転生される方々の魂を待機させる場所であり、乙姫様は地表の浦島太郎さんをアガルタに招くために亀や龍宮の遣いをサインとして海に出されています

龍(竜)宮城の遣いのサインを受けたときに、あなたの魂の純度は100%を迎えたことを意味します
~わたし達はいつでも皆さんが龍(竜)宮城にいらっしゃることを心待ちしております

悲しみも老いることもない喜びと永久なる愛に溢れた新しい時代を伴に迎えましょう

豊かな湿地に青い蓮の花がたくさん咲き甘い果実が実り、兄弟姉妹たちと植物や動物たち、妖精や精霊たちが皆さんをお迎えします

自然と自由の楽園、素晴らしい龍(竜)宮城へ是非いらしてください

さあ、前を向いて旅立ちの準備をしてください
わたし達は皆さんに永遠なる至福を与えさせていただきます~
~乙姫より~

以上抜粋、でした。




弥勒菩薩の秘密
弥勒の世 すべてはひとつより 転載引用

秦氏とは秦始皇帝の子孫である弓月君(ゆづきのきみ)が多くの民を率いて渡来し、
太秦を拠点に全国に広がっていった六芒星をシンボルとしたダビデの子孫=シリウス人です。

秦とは古代朝鮮語で『海』を意味し、『太秦』の太、太一とは太極・北極星=天之御中主大神(アメノミナカヌシ)様と、大日如来=天照大御神であり、『秦』はシリウスを意味し、『太秦』という地名そのものが北極星・北斗七星・天狼星・太陽=星辰(妙見)・太陽信仰=セントラルサンシステムを表しています

潅漑や養蚕、機織技術を伝承したのも彼らです

太秦に【弥勒菩薩】が祭られている広隆寺があります

神道の表神道の頂点は【伊勢神宮】ですが、裏神道の内宮は【広隆寺】であり、外宮は【籠神社】です

広隆寺は京都三代奇祭のひとつである【牛祭】が毎年十月十日に行われますが、この祭事は夜祭で、元々は大酒(避)神社で行われていました

その内容は、白衣装束に紙をたらした冠と北斗七星が描かれた唐模様の頭巾をかぶった摩多羅神が牛にまたがり、赤鬼と青鬼のお面を付けた四天王や松明を持った人々と境内を練り歩き、薬師堂で祭文を読み終えた後に堂内に飛び込むといった五穀豊饒と悪霊退散を祈願する百鬼夜行です

大酒神社とは【ダビデ神社】を意味します

摩多羅神を摩と多羅に分けると、摩はマー(Ma)で、多羅はターラー(Tara)となります

Maは母親を意味する基本的音節で、MaMaは乳房・母親を意味し、アイヌ語でも女性を意味する語音であります

シュメールの大地母神はママ、マミ、マミトゥと呼び、ヘブライ語で、MAは液体=M、誕生=Aの意味であり、聖なる印=メム・アフレ=オシラー母神として護身の力があるとされ、この二文字はユダヤの護符にされおり、また、ペルシャでは死と再生を司る母性霊をムゥルダト・アメレタト(MA)と呼びました

サンスクリット語で多羅は、多羅菩薩・Tara(ターラー)、チベットの緑ターラーと白ターラー(神秘的で魅力的な観音・アボロキティシュバラー)と呼ばれ、衆生を苦しみから救う救度仏母として崇拝されていました

原語ターラーとは、眼・瞳のことで、仏典では眼精・瞳子・妙目精を意味し、ギリシャ神話のアテナにも当たります

ターラーは夜の女神であり、救いと夜空に輝く星の意味を持ち、サンスクリット語で語源的には川を横切る・運ぶ・超越する・解放する・逃れるなどの意味があります

ターラーは冥界との境界神で救度菩薩と信じられ、両性を併せもつ超性菩薩とされ、ラテン語でTEN-MINUSは境界・制限・終局・限界などの意味を持ち、ローマ神話のテルミヌスの神の語源となり、TARAはサンスクリット語のSTRIが由来で、まき散らす・拡大する・拡散するなどの意味を持ち、後に英語のSTAR(星)となりました

つまり摩多羅神とは太陽神ミトラが変化した言葉で、大地母神である、ソティス・瀬織津姫・マグダラのマリアを意味しています

ミトラ教は正義・契約・盟約・真実を司る一神教で、創造神信仰・太陽信仰・光明信仰・救済信仰・軍神信仰を崇拝する宗教で、中央アジアに住んでいたインド・イラン系の人々の間から起こされ、南下によって、メソポタミア・小アジア・インド・イラン・古代ギリシャ・ローマ帝国にも影響を与えました

クリスマスは太陽神ミトラの冬至の誕生祭であり、イースター島の復活祭は春分と関係のあるミトラ神の昇天祭を取り込んだものであり、どちらも太陽信仰の祭事であります

ミトラ神はインドにおいて【マイトレーヤ】と呼ばれ、仏教に取り込まれ【弥勒菩薩】となりました

弥勒菩薩はミトラ神です

弥勒菩薩は【再臨するイエスキリスト】であり、その理由は、イエスキリストの描かれた絵画や像を観ていただければわかりますが、イエスキリストの右手は親指と薬指の先を合わせる、広隆寺の弥勒菩薩像と全く同じ手のポーズをとっています

このポーズはキリスト教の【父と子と聖霊の三位一体】を表すもので、親指と薬指と手の平で【三角形】が出来ますが、これは【三位一体】のシンボルです

弥勒菩薩はイエスキリストであります

イエスキリストとは、以前blogの記事にも書かせていただきましたが、真の天孫である天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊(アマテルクニテルヒコアマノホアカリクシタマニギハヤヒノミコト)・饒速日命(ニギハヤヒノミコト)であります

饒速日命と瀬織津姫の男性意識と女性意識の表裏一体・統合した神の名称が【弥勒菩薩】なのです



ソティスさん続き
シリウス文明がやってくる…のkagariさんのブログによれば、
ソティスさんは瀬織津姫さんのことです。

以下、ブログより抜粋
シリウスの女神イシスさんの背後に隠された
女神の3人組、ソティスさん、サティスさん、アヌキスさんです。

この3人組は、3姉妹というよりは、
3人組という組み合わせで捉えています。


サティスさんは姉、アヌキスさんは妹で、
2人は姉妹です。

この3人の中では、ソティスさんは、長女的な役割です。
というか、ソティス =瀬織津姫 さんという女神は別格です。

ものすごく太古の宇宙文明から存在した
強大な光のエネルギーを宿しています。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

また瀬織津姫さんだ〜と思いました。
先日のブログにも登場されました。

ネフェルテムが出てきた時に調べたことです。
イエスキリスト=ネフェルテム=饒速日命(ニギハヤヒ)は
シリウスアルメーラのマザーセクメト(聖母マリア・白山菊理姫)の息子として
ガイア地上に真の天孫として肉体を持ち誕生した

イエスキリスト=天之御中主様の意識エネルギーがアダムカドモン化(ヒューマノイド化)されたもの
つまり、天之御中主様=アダムカドモン=イエスキリスト=ネフェルテム=饒速日命様という関係図


天照大御神様の和魂が饒速日命
荒魂が瀬織津姫で、二神の男性意識と女性意識が統合し、
性別を超越した意識が弥勒菩薩様だという

創世記の中のアダムとはアダムカドモン=イエスキリスト・
饒速日命様であり、イヴとはソティス=マリーマグダレナ・
瀬織津姫
snowqueen1058.blog88.fc2.com/blog-entry-246.html -弥勒の世 すべてはひとつ より引用(一部省略)

http://trakl.exblog.jp/
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

プロフィール

ズボラン大佐

Author:ズボラン大佐
生きとし生けるものが幸せでありますように

楽園で余生を楽しみつつ日々精進
生存に対する妄執を絶ち
二度と母胎に近づかない
やるべきことは成しおえた、ということで


よきひとの
よしとよくみて よしといひし
よしのよくみよ よきひとよくみつ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

アルバム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。