Zvolog クリシュナ 別館

Ego Manifestorのひとりごと 最近すっかりハイヤーとの対話&神社メインに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥勒の世

シリウスしらべてたら このコピーの記事があった。
あー メーテルさんか?
カガリさんのもあった。
他の記事も見たいがー どこかミラーないかな。

CIMG0792.jpg

まだいろいろある~





弥勒の世より
最後にもうひとつご紹介…とまりません(笑)


弥勒の世より(ブログ)

☆シリウス文明に繋がる三位一体の女神☆

シリウス文明=万世一系システムに繋がる三位一体の女神たち

火の女神・木花咲耶姫さん(プレアデス・アルシオーネ)・クロス十字の縦

水の女神・瀬織津姫さん(シリウス・ディジターリア)・クロス十字の横

火と水を結ぶ神・白山菊理姫さん(シリウス・アルメーラ)

ガイアを弥勒の世に繋げる女神たちです

この三位一体の女神はクロス十字=アメンティホール=多次元領域宇宙の入り口そのものであり、宇宙の根源・生命の樹とシリウス星系、ガイアを繋げるネットワークです

木花咲耶姫さんは富士山を筆頭としたガイアのすべての火山帯=火のエネルギーを護っています

瀬織津姫さんはガイアのすべての水源領域=水のエネルギーを護っています

地震や噴火の火の洗礼は木花咲耶姫さん

津波や洪水の水の洗礼は瀬織津姫さんです

白山菊理姫さんは瀬織津姫さんの義母であり木花咲耶姫さんは瀬織津姫さんの義理の妹であります

木花咲耶姫=レディヴィーナスクマラ=アルシオーネさんは天孫=ニニギノミコト=サナトクマラ(シリウス・アルメーラ)さんの妻であり、瀬織津姫=レディナダ=マグダラのマリア=ソティスさんはニギハヤヒ=サナンダ=イエスキリスト(セントラルユニバース・エクアドロス)さんの妻であります

ニギハヤヒさんとニニギノミコトさんは宇宙の真の太陽信仰=生命の樹とシリウス星系を繋げるセントラルサンシステム上においての兄弟です

ニギハヤヒさん(イエスキリスト)はまた白山菊理姫さん(聖母マリア)の息子です

サナンダ=イエスキリストさんはアダムカドモン(宇宙の根源・生命の樹)さんと聖母マリア(シリウス・アルメーラ)さんのお子さんであり、彼の誕生により宇宙の根源・生命の樹とシリウス星系とガイアの万世一系システムが誕生しました



木花咲耶姫さんは太古の天皇家の皇后にあたります



ニニギノミコトさんと木花咲耶姫さんの結婚によりシリウスとプレアデスは同盟を結び弥勒の世への準備が開始され、シリウス=天皇と、プレアデス=皇后の統合により非物質次元領域宇宙と物質次元領域宇宙のネットワークが繋がりました



ガイアが月読尊のネットワークへと繋がる起点となった出来事です



瀬織津姫さんは消滅した5つの銀河のすべての救出に現れた生命の樹の元で暮らしていた半身半蛇(半身半魚)の太古のヒューマノイドで、宗像三女神の多紀理姫さんと同一神です



多紀理姫=木花咲耶姫という説もありますがエネルギーの色が違います



江島神社の奥津宮で目を閉じて参拝したときに濃いブルーのエネルギーの中にごく薄いピンクがかった強い光の白光を観じました



その光は目を開けてしまうくらい強力でした

濃いブルーはシリウス星系、薄ピンクの白光はディジターリアの宇宙光線の色です

白山菊理姫さん=聖母マリア=マザーセクメトさんはひまわり銀河からアンドロメダ銀河に渡り、天の川銀河・シリウス・アルメーラに降りた生命の樹とアンドロメダ銀河と天の川銀河を結んだ女神でもあります



この三位一体の女神たちは物質次元領域宇宙と非物質次元領域宇宙を繋いでいます

ガイアアセンションの水面下にこの女神たちのサポートがあります

ガイア地表については皆さんが動いていかなくてはなりませんが、わたし達は見えない世界の様々なサポートを常に受けています

大いなる愛と真心



宇宙の兄弟姉妹の無償の愛に感謝いたします
ありがとうごさいます

愛しています




シリウス文明より 神々からの遣いとしての生き物
シリウス文明より引用http://mihoh.seesaa.net/article/115345813.htmlより

神々からの遣いとしての生き物


私たちのDNAの変容を知らせる
神の遣いが、カラスでは無かった場合、
神々の遣いとして知られる主だった動物たちを、
それぞれの特徴を簡潔に挙げておきますので、
参考にしてください。

これらの神々からの遣いが現れる場合、
基本的には、私たちの住んでいる
土地の氏神が遣いに出しますから、
その辺りを考慮に入れて頂きたいと想います。

そして、動物霊としての低級霊は、
白い光で騙しますから、
くれぐれも注意が必要であることは
念を押しておきたいと想います。

視野が狭かったり、妄信、盲目的に陥っていますと、
落ち着いた思考が出来なくなり、
ほぼ間違いなく騙されます。

慎重さ、冷静さ、理性が欠けるからです。

直観と閃きと想像力とを、
よく働かせて察知することが重要です。

それぞれの遣いを観て頂きますと、
光のネットワークにおいて遡っていったとき、
経由している流れが異なっていても、
そのルーツが共通していることが、多分に窺えます。

大まかに云えば、宇宙の根源に繋がる、
非物質であるところの、火と水がルーツになっています。

つまり、高次元領域に上昇するに従って、
六芒星のシンボルに繋がってゆくことになります。



★鴉 → 太陽神からの遣い

猿田毘古神さん、天照皇大神さんのような、
太陽神として知られる神々は主に鴉を遣いに出します。

その他には、瀬織津姫さん、菊理姫さん、
伊耶那美命さん、伊邪那岐命さん、
なども遣いに出します。

つまり、白山神社(しらやまじんじゃ)のネットワーク、
熊野神社のネットワークがこれにあたります。

基本的には、シリウス系の神々が遣いに出します。


★鶏 → 太陽神からの遣い

鶏は主に、猿田毘古神さんの妻であります、
天宇受売命(あめのうずめのみこと)さん
が遣いに出しますが、猿田毘古神さんも
遣うかもしれません。

太陽神からの遣いですから、
天照皇大神さんも遣いに出します。

石上神宮(いそのかみじんぐう)、
香取神宮、香取神社のネットワークで知られる、
経津主神(ふつぬしのかみ)さんも、
おそらく、鶏を遣うはずです。


★鳩 → 八幡大神さんの遣い

八幡大神さんの遣いということは、
宇佐神宮、八幡神社のネットワークがこれにあたります。

太陽神からの遣いという側面があるとも云えます。


★雉(キジ) → 素盞嗚尊さんの遣い

素盞嗚尊(すさのおのみこと)さんは、氷川神社、須佐神社、
須賀神社、八坂神社のネットワークがこれにあたります。


★牛 → 素盞嗚尊さんの遣い

雉と同様であると云えます。

虚空蔵菩薩さんからの遣いである場合もあるでしょう。


★狼 → 山の神からの遣い

狼は基本的には、山の神の遣いです。
そのような意味で、一般的には、
プレアデス経由の神であります、
大山祇神(おおやまつみのかみ)さん
からの遣いということになります。

しかし、シリウス〜古代エジプト文明からの
縁が深いということであれば、シリウスの神
アヌビスさんからの遣いということもあるでしょう。


★犬 → 山の神からの遣い

狼と同様に、シリウス系の神々も、
プレアデス系の神々も、犬を遣いに出します。

おそらく、不動明王さんも犬を遣いに出します。
ということは、山の神、水の神からの遣いという
側面があることが分かります。


★鷲(ワシ) → 天穂日命(あめのほひのみこと)さん
からの遣い

天穂日命さんは、鷲そのものの姿をしていて、
大鳥神社、鷲神社のネットワークが、これにあたります。

日本武尊さんからの遣いである場合も有り得ます。


★梟(フクロウ) → 天日鷲命(あめのひわしのみこと)さん
からの遣い

天穂日命さんと同一神ですから、
鷲の遣いと同様であると云えます。


★鳶(トビ) → 鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)さん
からの遣い

鳥之石楠船神さんは別名、
天鳥船命(あめのとりふねのみこと)さん
としても知られていますが、船そのものの姿をしています。

この方はとても印象深いエピソードがありますので、
一例を載せておきたいと想います。

昨年12月に、鹿島神宮、香取神宮を参拝して回ったときに、
その流れで、天鳥船命さんを御祭神に祀っている
息栖神社(いきすじんじゃ)へ、地図を片手に
向かったのですが、場所が分かりづらかったのです。

そのとき、上空を何羽かの鳶が、
息栖神社の方向を指し示すように、
上空に円を描くように待機しながら飛んでくれました。

そして、息栖神社の上空で、3羽の鳶が、
ぐるぐると円を描きながら飛んで場所を教えてくれました。

私が、息栖神社の場所をハッキリと確認したのが分かると、
鳶は何処かへと飛び去り、1羽もいなくなりました。


★木菟(ミミヅク) → 五十猛神(いそたける)さんからの遣い

五十猛神さんは、素盞嗚尊さんの子にあたりますが、
大屋毘古神(おおやびこ)さんと同一神であり、
森林、木の神と云ったらよろしいでしょうか。
杉山神社のネットワークがこれにあたります。


★猿 → 大山咋神(おおやまくいのかみ)さんからの遣い

大山咋神さんは、山の神、もしくは酒の神です。
酒は、飲み過ぎれば毒となりますが、少量であれば、
心を和らげる薬ともなるということは、大山咋神さんが、
よく云われることです。

プレアデスの女神であります木花咲耶姫さんが、
猿を遣いに出すこともあるでしょう。

ということは、お父さんの大山祇神さんや
石長比売(いわながひめ)さんも、
遣いとして猿を遣う場合も有り得るでしょう。

猿は庚申ということで、猿田毘古神さん、
もしくは、天宇受売命さんからの遣い
であることもあるでしょう。
つまり、太陽神からの遣いでもあります。


★猫 → 保食神(うけもちのかみ)さんからの遣い

基本的には、食物・豊饒の神々からの遣いなので、
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)さんからの遣いで
あることも有り得ますから、稲荷狐さんと同等の役割
だと云えるでしょう。(狐の項を参照してください)

シリウス〜古代エジプト文明からの
縁が深いということであれば、シリウスの神で猫頭を持つ
バステトさんからの遣いということもあるでしょう。


★馬 → 食物・豊饒の神からの遣い

宇迦之御魂神さんや保食神さんなどの
稲荷系の神々、もしくは、太陽神からの遣いです。
(稲荷系については、狐の項を参照してください)


★亀 → 妙見菩薩(みょうけんぼさつ)さんからの遣い

妙見菩薩さんは、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)さん
と同一神だと云われていて、秩父神社にも祀られています。

天之御中主神さんとは、銀河をサポートする神であり、
地球に降りてきたとき、国之常立神さんになります。

国之常立神さんは地球そのものであり、
地球は水の惑星ですから、亀は水の神からの遣い
ということも云えるでしょう。

つまり、弁財天さんが遣いに出すことも有り得ます。
水に関連しますから、海の神も遣うでしょうし、
プレアデス系の神々が遣うことも充分に有り得ます。

酒は、特に日本酒はお神酒と云われるように、
神の酒であり、神の水です。つまり、
大山咋神さんからの遣いである場合もあります。


★蛙(カエル) → 伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)さん
からの遣い

伊斯許理度売命さんは、三種の神器のひとつ、
八咫鏡(やたのかがみ)を創った神です。
彼女が現れるときは、鈴の音、もしくは、
ベルやチャイムの音を耳にすることもあるでしょう。


★兎(ウサギ) → 日の神と月の神からの遣い

ここで云う日の神とは、天照皇大神さんで、
月の神とは、月讀命(つくよみのみこと)さんのことになります。

日本神話にありますように、
大国主命さんからの遣いである場合も有り得ます。

しかし、兎を遣いに出すのは、極めて、
宇宙存在的な位置づけであるでしょう。


★鯰(なまず) → 海の神からの遣い

豊玉毘売神(とよたまひめ)さんは、海の神であります、
綿津見神(わたつみのかみ)さんの娘ですから、
海の神の遣い、もしくは、化身として現れます。

彼女もプレアデス経由の神なので、
エネルギー体は、青、もしくは、水色です。


★鯉 → 水の神からの遣い

水の神からの遣いですので、
その他の水の神からの遣いと同様であると云えます。

また、素盞嗚尊さんからの遣いである場合もあり、
それは、地球意識に上昇しますと国之常立神さんになりますから、
やはり、水の惑星、水の神からの遣いということになります。


★鼠 → 豊饒の神からの遣い

七福神のひとりであります、
大黒天さんからの遣いであり、
それは、ヒンドゥー神であります、
シヴァ神の化身でもあります。

大国主命さんからの遣いであることもあるでしょう。


★鹿 → 天迦久神(あめのかくのかみ)さんからの遣い

天迦久神さんは、天香山命(あめのかぐやまのみこと)さんと同一神です。
鹿島神宮や、春日大社で知られる鹿ですが、
その化身としても現れます、天迦久神さんは、
天照皇大神さんからの使者ということになりますから、
つまり、太陽神からの遣いということになります。

七福神のひとりであります、寿老人さん
からの遣いである場合もあるかもしれません。


★鶴 → 七福神のひとりであります、
福禄寿さんからの遣い


★鯛 → 七福神のひとりであります、
恵比寿さんからの遣い


★猪 → 火の神・火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)さん
からの遣い

その他では、七福神のひとりであります、
恵比須さん、摩利支天(まりしてん)さん
からの遣いという場合もあるかもしれません。
摩利支天さんは、観世音菩薩さんの化身でもあり、
そこから降ったところの、太陽神からの遣い
ということも云えるでしょう。


★虎 → 七福神のひとりであります、
ヒンドゥー神・毘沙門天(ヴァイシュラヴァナ)さんからの遣い


★百足(ムカデ) → 七福神のひとりであります、
ヒンドゥー神・毘沙門天さんからの遣い


★その他に、蝶、蜘蛛、カマキリ、バッタ、
などのような昆虫類がありますが、これらは、
基本的には、私たちの住んでいる土地の氏神、
守護天使、その他天使、妖精たちなどが遣いに出します。


★クジラ、イルカといった生命体は、
シリウス系も、プレアデス系も遣いに出しますし、
地球内部世界「アガルタ」の住人たちも遣いに出します。

オットセイは金星の生命体ですから、
金星内部の住人が遣いに出す場合がありますが、
それはつまり、私たちの物質宇宙の玄関である金星を通り、
外宇宙への玄関である、シリウスに繋がることになります。



下記の生き物の遣いは、肉体の目で見掛けるというよりは、
霊的な目で観掛ける類の遣いと云えるでしょう。


★蛇 → 水の神からの遣い

最も多い場合は、ヒンドゥー神のサラスヴァティさん
のことでもあります、弁財天さんです。
弁財天さんは、蛇神であり、水の神です。

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)さん
も同様に、蛇神であり、水の神です。

大物主命(おおものぬしのみこと 
=大国主命[おおくにぬしのみこと]
=大巳貴命[おおなむちのみこと])さんは、
蛇の化身であり、水の神です。

自然霊としての蛇神とは、
未来世に転生したときの龍神であるかもしれません。


★龍 → 水の神からの遣い

弁財天さんであることもありますし、
海の神であります綿津見神さんや、
住吉三神などからの遣い、もしくは、
化身として現れます。

つまり、水の神や海の神として知られる
神々からの遣いですが、自然霊としての龍神さん
そのものである場合も多々あります。


★狐 → 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)さん
からの遣い

稲荷として知られる狐さんは、食物・農耕の神々の遣いですから、
他にも、豊宇気毘売神(とようけびめ)さん、
保食神(うけもちのかみ)さん、
大宣都比売神(おおげつひめ)さん、
若宇迦売神(わかうかめのかみ)さん、
御饌津神(みけつのかみ)さん、
などの遣いである場合もあります。

ヒンドゥーの女神であります、
荼枳尼天(だきにてん)さんの遣い
であることもよく知られているでしょう。

飯縄大権現の正体・猿田毘古神さんは、
狐の上に乗って現れる場合があることや、
ヒンドゥーの女神・荼枳尼天さんが
狼に乗って現れる場合があることで、
カラス、天狗、狐、狼がいずれも、同系統の遣いである
可能性が高く、つまりは、行き着くところは
太陽神からの遣い、もしくはシリウス神からの遣い
だということになります。


★河童 → 水の神からの遣い

自然霊として観ても、肉体動物として観ても、
河童を遣いに出すのは、水の神でしょう。
瀬織津姫さんか、弁財天さんあたりか、
シリウス系統の神が遣いに出すかもしれません。


★獅子 → 太陽神からの遣い

獅子=ライオンですが、獅子を観掛けることは、
稀であるかもしれませんが、基本的には、
シリウス〜古代エジプト文明からの神の遣いであり、
セクメトさん、集合意識としての太陽神ラー、
などに深い縁を持つ場合となるでしょう。

文殊菩薩(もんじゅぼさつ =マンジュシュリー)さん
からの遣いであるということもあるでしょう。


★象 → ヒンドゥー神・ガネーシャさんからの遣い

ヒンドゥー神でその姿も象頭であります、
ガネーシャさんからの遣いですが、
ガネーシャさんのお母さんであります、
パールヴァティーさんであることも有り得ます。
パールヴァティーさんは山の神です。

他に、ヒンドゥー神であります、
ヴィシュヌさん、ラクシュミさんなども、
これを遣いに出すでしょう。

普賢菩薩(ふげんぼさつ =サマンタ・バドラ)さん
からの遣いであるということもあるでしょう。


★その他、麒麟、鳳凰などの霊獣は、
菩薩さんの系統で遣いに出されるでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

プロフィール

ズボラン大佐

Author:ズボラン大佐
生きとし生けるものが幸せでありますように

楽園で余生を楽しみつつ日々精進
生存に対する妄執を絶ち
二度と母胎に近づかない
やるべきことは成しおえた、ということで


よきひとの
よしとよくみて よしといひし
よしのよくみよ よきひとよくみつ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

アルバム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。