FC2ブログ

Zvolog クリシュナ 別館

Ego Manifestorのひとりごと 最近すっかりハイヤーとの対話&神社メインに

Entries

再確認

一昨日、Yといろいろ話していて、結局道が違うだけのことでゴールは一緒なんだなぁと
いうことを再確認した。
で、今日は長老の説法の動画をみて、また理解が深まった感じ。
でもしっかりしないと、すぐ忘れちゃうから精進精進

いろいろ確かめ合う友達がいるということは本当に貴重なことだと思う。
これが的外れだったりすると、団子でドツボにおちていくものね。
邪見を正しいと思い込み、エレメンタルワールドどっぷり~

そうそう、闇の攻撃云々言う人なんてもういないと思ってたら、まだいるそうだ。
ホントはもともとひとつなのに、分離して存在しているから
それは恐怖となって、次には身を守るために怒りとなってくる。
で、なにかあると、すぐ闇の仕業云々ということになるらしい。
実はそれは自分が作り出しているに過ぎないのにねー
Yの参加したセミナーでそんな話があったらしい。
全ては自分で作り出していること。

みんな外にいろいろ求めているけれども、外を探している限り見つからない。
実は全て既に自分のなかにあるから。

気づいたからといっても、レッスンがなくなるわけではないが
しっかり観察してやるべきことが見えてくるんだと思う。
でもまぁ何を言おうともその人にとっての時がくるまでは無駄なんだよね。
準備ができた人の前に現れる、ってずいぶん昔に聞いたもんだ。

エックハルトトールの動画で、悩み事を話している人に、それは幻影云々言ったら
激怒して帰っちゃった、というのがあった。
もうそれは仕方ない。

私もちょっとでも、と思って話したけれども、なにも意味はなかった。無駄だった。
で、今日も話すことがあって、言おうと思ったけれどもさっぱりぱりだから止めた。
無駄だから。
聞こえない。
彼女は別の人のことに関してあれこれ言っていたが、それは鏡で自分だよ、
人のことより自分のことに集中しろ、とは私は言わなかった。言ってもわからないから。
今までの話で既に話しているけど、何度言ってもこの有様だものね。
無駄な努力は私はしない。もう伝えた。あとは自分で気づくまでは私はなにもできないなー
苦しいだろうに。
その苦しみを充分だと思うようになるまで繰り返すということなんだね。



こんな実物を目の当たりにしたことだし、いやぁいろいろ良い勉強となった。

闇の攻撃云々、信念体系を作り出してがんばっている皆さん
全ては自分が作り出した世界、それに飽きるまでは続けていくのだろうけれど
どうせなら、とっとと内なる平安を感じたほうが良いんじゃね?と思う。
って、これは私の勝手な思いだ。
だって信念体系の中で生きていることは、きっと楽しいことなんだと思う。
ホロデッキで遊んでいるようなものなのかなー 
ただ一つ違うのは、ホロデッキで遊んでいるとは夢にも思わず
とても真剣、大真面目、大きな仕事をしているという感覚なんだと思う。
って、これも私の妄想。
どうでも良いやね。
気づく人がいて、あれ?おかしくない?って指摘したら、逆にお前がが闇だ、ということにされちゃったんだって。
こりゃ本当に大変だな。いつまでやるんだろうねー
それもどうでもいいことだな。
もういい加減気づく人も増えていくだろうから、人それぞれ、まぁがんばってください。

で、うっかり指摘して逆切れされて祟られそうな勢いで怒りをかってしまい
なにか嫌なことが身にふりかかるんじゃないかと心配する人もいるかもしれないけれど
エレメンタルだから大丈夫。こっちの波動をあげれば良いだけのこと。
心配して波動さげたらそれのほうがヤバイ。全く興味なくして、あぁそうですか、と切り捨てればいいんじゃないのかな。






人生はゲームです。人生に意味はない。






これもすごくわかりいやすい 
外界とは関係ない本当の安心感、この感覚、これなんだよねー



関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

プロフィール

ズボラン大佐

Author:ズボラン大佐
生きとし生けるものが幸せでありますように

楽園で余生を楽しみつつ日々精進
生存に対する妄執を絶ち
二度と母胎に近づかない
やるべきことは成しおえた、ということで


よきひとの
よしとよくみて よしといひし
よしのよくみよ よきひとよくみつ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

ブログ内検索

アルバム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー