FC2ブログ

Zvolog クリシュナ 別館

Ego Manifestorのひとりごと 最近すっかりハイヤーとの対話&神社メインに

Entries

子供に対する虐待について

愛がない、尊重されない母親は不安定となり、子供を自分の分身としてみてしまう。
愛ではなくてコントロールとなってしまう不幸。

自分が親から殴られたり暴言にさらされたりして育ったなら、
自分は自分の子供にはそんな思いをさせたくないから、絶対同じことはしないだろうと
そういう思考が働くと思うのだけれど、そういうわけではないらしい。

厳しいねぇ





Q:親と子はお互いにお願いして生まれて親子関係となるという話だが、そうやって生まれてきたはずなのに、親によっては 子供を否定したり嫌な思いをさせたり、虐待をしたり殺してしまったりする親がいるが、これはどういうことなのか?




母親が子供を虐待などをするというのは、母親、父親、両親の関係、夫婦の関係性からもでてくる。

母親は初め生まれた時は最初すごい愛に満ちている。でもやっぱり、母親がそこまでみるといけないように見えてくる。でも母親というのは愛、すごい愛で子供を産む。子供を生むまでにおなかのなかにに十月十日って、普通そこまで耐えてちゃんと産むというのは、ホントに愛がないと 愛でいっぱいじゃないとできないです。


だから人間にちゃんとそういう期間を設けている。そこまで耐えられますか?愛をそこまでもっていられますか?ということですそれをやって、通過してるんです。一応母親としての合格ラインに達している。それが早くうまれても、それもまたもっともっと育てなければいけないというので、まぁ到達してるんですよ。それで母親としての本能、愛で満ちてる。で、生まれた。でも そこからまた母親がその夫婦関係、夫となる人から、たとえば すごく違うことされた。愛ではないこと、だって自分たちの二人の遺伝子なのに。奥さんを否定する。また奥さん、母親の環境、まわり、母親の両親から否定される、尊重されない。愛をかけられない。すごくね、子供に愛をかけるんだけど、母親がまわりから尊重されなくて

父親からも例えば心配事をもってきたり、そうすると 母親も愛が自分の中にすごくある人なら良いんですが、その子供に愛情を注げなくなってしまう状態にあるんですね。だから尊重されない環境にいると、母親も子供に愛を注げない状態になってしまう。すごく合格ラインにいっているんだけども、母親がもしかして一人になってしまって。


社会から頑張ってねと ちょっと一歩ひいてみてもらうと支援もらっていると 母親も愛し続けるんですよ。逆に、夫婦の旦那さんがよくないことをして悩む、両親からも尊重されない。そうすると結局愛情を、生んでてもそこまでまわらなくなってしまうんです。

だから母親がいろんなことを背負ってしまったり、尊重されなかったり、不安定になってしまったりすると、自分の愛としてではなく、自分の分身としてみてしまう。分身としてみたら どうなるかというと、愛ではなくコントロールになる。

だから自分は愛を生んだのに 母親が他の環境からひどい心配事とか依存とか、尊重されない、虐げられたら 分身だから自分を痛めつけさせるんですよ。

だから一番傷ついているのは母親なんです。分身を傷つけて痛めつけて自分をなくそうとしているんです。だから そこは自分より子供のほうが いとおしいんです。実は。それを痛めつけさせるというのは、すごく自分を、自分の首を絞めるより辛い思いするんです。

本当はストレス解消だというふうに思われガチなんですけど、自分がだめなんだというのを もう自分がいなくなりたい、というのがあると子供にいくんです、それが一番、子供が愛なんです。母親は生まれてこれくらいの子供が自分より大切なものなんです。だから母親が自分を否定しだすと子供にいってしまうんです。


だから 子供をもった母親、生んだ母親をみんなで保護しましょうっていう社会になってますか?という話なんです。同じ愛を生んだんだけど分身としてしまう母親は その夫から、環境から非遇を受けているととっていいです。

なんでかというと、十月十日の苦しみのなかで生んだものって本当に大きなものなんですよ。

それをいためつけるというのはね、母親が自分をみんな、まわりが否定しているということなんですよ。それを否定されているから子供を否定するってことなんです。自分を傷つけている。だから、そういうのを連鎖って言いますよね。両親にされたことをやってしまう。それを強い人ならやめられますけれども、弱い人はね。 

本当に強い人なら子供に自分をみない、愛をみる、そして愛をかけられる。だけどそんなにストレスがたまって弱い人なら 子供のなかに自分をみて自分を傷つける。

なんでかというと 自分より自分らしいもの。自分の宝物を傷つけるということなんです。だから親としてすごく悲しい運命なんです。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

 

誰かの助けがなくても愛いっぱいで
生きていける人になりたいなあと
思いました。
全ては自分なのだと。
そして自分と人は繋がっている。
できることをやって生きます^^
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/28 21:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

自己充足 

全ては自分次第。
なにもかも自分で選んでやっていることなんですよね。
自分が作り出している世界で生きているわけですから
瞬間瞬間気づいてしっかり正しく生きていくことがポイントなんだと思います。
  • posted by 高明  
  • URL 
  • 2013.04/28 22:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

すいません。
なんかズボランさんにうっとりです^^
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/28 22:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

え?
  • posted by 高明  
  • URL 
  • 2013.04/28 22:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ごめんなさい、いま少し過去世モードが
出ているので^^
12神将・・・新薬師寺でみたのがそうかなあ。
ぼーと迫力にみとれていました。
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/29 08:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

記憶 

過去世がわかるとおもしろいですよねー
あーだからこうなんだー そうだったのかーとしっくりくり
まぁこれも人によるので、知ることで妨げになる人もいますよね。
知らされるのは 知ってもよいからということだと私は思いますが、罠でもあるのかも。

感情で、ガッツリもっていかれたことあります。
あの時は本当に妙な感じでした。
で、それがわかった後は、今度は、こう言えだのありえぬことがっ! わかっているのにうっかり口すべらしたりして、酷いこといってみたり。
なんのレッスンかー?!

わかっているからいいけれど、普通は想像もおよばないわけですから大変かも。
変なこことで口論したり、同じ事でなにかひっかかって険悪ムード、なんてときは
過去背の永享もあったりなわけなんですよね。
過去世の永享、おそるべし~
クリアできてないからこそ、何度もそこをつつかれるってことですよね。

全て忘れるのは神の愛、とダスカロスが言っていますが、思い出すなら全部思い出せーって感じですよね。
その時使っていた言語とか、いろいろな知識とか。
感情だけガッツリじゃなくて~
でも残るものというか、大事なものって悶々とか嬉しいとか、感情だけなんでしょうねぇ。
知識はどうとでも、ってことか。

>十二神将

はい、新薬師寺です。
隣に神社があって、そこの由緒書きをもらおうとピンポンしたけど桜桃なし。2回目に行った時も同じく応答なし・・・
  • posted by 高明  
  • URL 
  • 2013.04/29 10:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

新薬師寺、何十年前かな?亡くなった住職さんが、
凄い人だったそうで、私の昔つきあっていた方が泊り込みで勉強会のようなものしたことがあった。
その後、何代か後になり、えーというような住職さんになり、もう訪れていません^^

過去世、感情残ります。静さんやズボランさん、kumiさんやEさんには、
なんだか楽しくて嬉しい感情しかありません。あこがれとか^^感謝とか。

ズボランさんが、感情持って行かれる???
不動心のイメージですが、
過去にはそのようなことあったのですね。
無理やり言葉を引っぱられたりしたことありますか?

ダスカロスさんの多くの国の言葉はなせたり
なんだか子供のときから先生がダスカロス
さんに教えを請うていたり、
この方はなんなのでしょう?
本を読んでびっくりしました。

ズボランさんは、これから突然すべてのこと
思い出すのかなあ^^
ズボランさんを見たら、
肉体というより、
魂がのっかっている感じがしました。
まだまだ地球にいて欲しいです。
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/29 18:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

過去世 

新薬師寺、昔とは変わってしまったのですね。
残念~

>過去世

感情 もっていかれたことありますよー
ホント、なんでこんな感覚なのか?!こういう感情がでてくるのか?とびっくりくり。
あげくのはてに余計な発言したりして。

それがわかったあとは、わざとこう言えみたになりましたが、
わー 絶対嫌だー サイテーと自分で観察できるようになりました。

また、ある人にイラッとする時など、その人といくつか関係があったりする場合、それを応用してうまく行く関係で対処できたり。

何事も気の持ちよう、おもしろいですねー

ダスカロスは全ての記憶があったそうですよ。
愛の人だから創造エーテルの操作もできたし。
人のカルマを背負うこともできたらしい。
見ず知らずの人のカルマを背負って自分が手術うけたり・・・

ひゃー もう絶対無理~
って、そこまでやる必要は凡人にはありません。
神じゃないんだから。
  • posted by 高明  
  • URL 
  • 2013.04/29 19:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

見ず知らずの人のカルマを背負って自分が手術うけたり・・・すごい方なんですね。
私は自分のことで精一杯で^^

以前ある人とけんかしたとき、
自分がだまっているのに
勝手に言葉をしゃべらされたことあって、
びっくりしました。
自分が制御できず、
勝手に口が動いて話すんです。
それ以来ありませんが。
気をつけなきゃです^^
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/29 19:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

まず自分 

人のカルマを背負うなんて無理無理
自分のことで精一杯だし、それで良いんですよ。
まずは自分のことに専念すること、これが第一です。

>勝手に言葉が

いやぁ、ヤバイですよねー
ホントに気をつけなければいけない。
でも勝手に言葉がー!と気づいていればいいけれど、気づいていないともっと大変かも。
  • posted by 高明  
  • URL 
  • 2013.04/29 20:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

感情で制御できないのではなく
相手がサイキックさんで、
引き出されたんです;;
ちぇって感じでした^^
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/29 20:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

ひゃー 

相手がサイキックで引き出された?!?!
ひゃー こぇ~~~

そうやって引き出されたことはないですが
ハイヤーやら後ろの人に、言うつもりはないのに
ペラペラしゃべらされたことはあります。
たとえば、仕事の面接とかで。
私の初任給の半分の額の給料で承諾とはありえんー
自分でもびっくり?!
  • posted by 高明  
  • URL 
  • 2013.04/29 21:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

わぁ~おかしいです!^^
さすがズボランさん。
ズボランさんはずっと後ろのおかたと
がっつりですね。

えーっと、私はダスカロスの伊藤さんの声より
ズボランさんの声のほうが、
耳に入ったとき、心地よいです^^
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/30 04:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

声ふぇち>ワタシ 

うひゃ、なおさんオモシロイ~

私も高さまの声大好きですけどね、イトウさんの声は眠りを誘いまくります~。
いい意味で^^波動?
  • posted by 櫻 
  • URL 
  • 2013.04/30 09:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

声 

中学の時、転校した先で、最初の挨拶をしたんだけど、
「声をきいてゲェって思った。」って言われたことがあります。
こういうこと言われたら凄く傷つく人いるでしょうねぇ。

美人の子に言われたのならまだしも
不細工な女に言われたからちょっとイラッ!

  • posted by 高明 
  • URL 
  • 2013.04/30 15:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

え~ありえません。
ズボランさんの声にうっとりしない人なんて。
声も素敵だけど、
雰囲気がタカアキさんなんですよね^^
私はイトウさんの声に全く反応しなかった(^^;
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/30 19:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

声 

伊藤さんの声はなんか響くというか
波動がちょうどいいのかなぁ?
吸い込まれて眠くなる~ みたいな。

あっ 寝てたらいかんでしょうにー
  • posted by 高明 
  • URL 
  • 2013.04/30 20:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

過去から 

声、瞳、手、過去から受け継ぐって辻さん本にあったね。
ぐえっとなった女子は過去に因縁かな。

それにしても二人のやり取りツボっちゃって、もうダメだ~~ 楽しい~~(*゜▽゜*)ノシ

>なおさん

ちなみに、たかあきじゃなくて、たかあきらだよ。
細かくてゴメン~^^; タカチャン萌えだから。意味不明~
  • posted by 櫻 
  • URL 
  • 2013.04/30 20:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ごめんなさ~い。
たかあきらさんですね^^

実はこないだ、ふふ、緊張はしていたが、
ソファに腕をかけていたズボランさんの腕に
うっとりしていたのだ!
そしてその隣のkumiさんを
羨ましく思ったよ~^^
手も綺麗だし・・・
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/30 20:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あっ 寝てたらいかんでしょうにー

この言葉は、まるで長老さんからの
言葉のようです^^
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.04/30 20:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

過去から 

いろいろと不思議だなぁ
っていうか、過去世おそるべし~
知るといろいろと解決~
おもしろいね。

過去がわかる、因果がわかる、煩悩が無くなる
そしたら悟りv-282
  • posted by 高明  
  • URL 
  • 2013.04/30 23:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

何気に 

高さまは過去の男性キャラ、随所で出てるよね~
記憶も沢山もってるというか。残骸が沢山感じられる。おもしろーい
ソファに手をかける仕草とか、私は、ほぼ、したことないものな。
自分のことは、無自覚でよくわからないけど。
過去世は映画をみるようだ、ホント面白いね。
  • posted by 櫻 
  • URL 
  • 2013.05/01 09:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

おもしろいねー 

どうやら男だった時のほうが悶々としていることが多くて
それの解消しにきた感じだからだろうねぇ。
小さい頃から男みたいで、自分も子供の頃は男だったらよかったのにとよく思ってたよ。
そのうち、男でも女でもどうでもよくなったー

仕草とかいろいろでちゃうということは、
なんていうか、バレバレってことだよね。
だからブッダみたいな凄い人は、かっこ悪いわけがない、ってことか。
何生も積んできた徳が全て滲み出ちゃうんだからね。
いくら外側を着飾ったところで、中身がトホホだとバレバレ~
業からは逃げられない。
  • posted by 高明 
  • URL 
  • 2013.05/01 10:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ズボランさんは、性別どちらでもいいです。
どちらでも素敵だと思うから。
ズボランさんは多分自分の魅力
わからないんだろうなあ。
そこがまた、静さんとかぶります^^
こないだの格好で、やや下向きかげんの
写真欲しい!^^
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.05/01 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

いつも同じ格好 

こないだの格好というと、迷彩パンツに
アーミージャケット、マスード将軍と同じ帽子?
ここ数年、いつも同じ格好です~
インド服も着たいけれど、インド服はポッケがないんですよねー
  • posted by 高明  
  • URL 
  • 2013.05/01 22:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

はい、その格好です^^
静さんのブルーストレーナー協会の写真の
格好も、ズボランさんバージョンで見たい!^^
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2013.05/02 04:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

衣装 

あーあの靜さんの衣装、いいですねー
私も好きですv-282
  • posted by 高明  
  • URL 
  • 2013.05/02 16:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

プロフィール

ズボラン大佐

Author:ズボラン大佐
生きとし生けるものが幸せでありますように

楽園で余生を楽しみつつ日々精進
生存に対する妄執を絶ち
二度と母胎に近づかない
やるべきことは成しおえた、ということで


よきひとの
よしとよくみて よしといひし
よしのよくみよ よきひとよくみつ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

アルバム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー