FC2ブログ

Zvolog クリシュナ 別館

Ego Manifestorのひとりごと 最近すっかりハイヤーとの対話&神社メインに

Entries

なぜ病気になるのか

だれしも病気になる。
この病気というものはどういう意味があるのだろう?
心の病になってしまうととても大変。そんな人がいっぱいいるよね。



Q:なんで人は病気になるのでしょうか?

「病気と言ってもカルマとかいろいろ言われていますけれども、病院に行けば遺伝子的と言われるし、スピリチュアルとかでは、カルマと言われるけれども、実はそういう訳でもないんです。

そこで、この病気を持って、どういう体験をしますというのを選んできているんです。例えば、カルマだったというように捉えて治す人は、そういう過去を見てそこを癒して治したりするんですね。
だから、病気というのはメッセージなんです。ここをどういう風に治した。どういうことがわかった。
カルマでなくて、今の状態の現状で病気があって、周りの人がどう対応するか、どう発信するか、自分がどう変わるかっていう成長でもあり、周りの人の成長でもあるんですね。それを選んで生まれてくる。そして、その時期の成長であるんですね。

もしずっと輪廻転生とかのカルマであるなら、また学んで違うところの上をやりますということなのかもしれないけれども、私は今時期はそういうことは一切言いたくありません。
もう、過去未来とか関係なく今、今の自分、過去は過去であり、今の自分が病気に対してどう対応するか、過去世を治してということでもいいんですけれども、それも見せる役であり、発信する役である。でも、過去世でありカルマであるということに引きずられるとだめなんですね、病気というのは。

今時期その病気に対してどう対応するか、どう発信するか、どう周りに言うかというのが凄く大切なんですね。それは、家族であり学校であり会社であり、自分がその病気を治す過程、もしその病気で亡くなっても、どう周りに影響を与えたかというのが病気というものなんですね。

病院で治した、スピリチュアル的に治した、何でも影響を与えているんです。
だから同じく病気もメッセンジャーなんですね。今時期私はそう言いたいです。
カルマと言う時期じゃ今はないです。今時期は今の自分と向き合う時期。
今の地球、自分、宇宙と向き合う時期なので、私はそう言わせていただきます。」
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

プロフィール

ズボラン大佐

Author:ズボラン大佐
生きとし生けるものが幸せでありますように

楽園で余生を楽しみつつ日々精進
生存に対する妄執を絶ち
二度と母胎に近づかない
やるべきことは成しおえた、ということで


よきひとの
よしとよくみて よしといひし
よしのよくみよ よきひとよくみつ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

アルバム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー