FC2ブログ

Zvolog クリシュナ 別館

Ego Manifestorのひとりごと 最近すっかりハイヤーとの対話&神社メインに

Entries

今回のリトリーバルで登場したヘルパー

2010年の3月あたり、つもり劇場で登場したヘルパー

西洋甲冑姿、頭の部分はつけていない。よくある長い剣を右手に持ってる。
なぜか笹を持って登場したこともある。
黒髪、黒い目、髭はない、若い。18歳で戦死。フランス人。
名前を聞いたらリヨンだかリオンだか。
私がどうするか興味があるらしい。
最近は西洋甲冑に限らず、ふわふわブラウスだったり、ルネッサンス時期の格好だったり
いろいろな姿で登場する。

今回、ワークショップでリトリーバルのエクササイズをやった。
ヘルパーはリヨン君が登場するかなぁと思ったら
ついこの前からチラチラ登場しているタイツ君風な人が登場した。

ベルベットみたいな光沢の生地でできた青い帽子と衣装、王子様みたいだ。
白いタイツ、あーなんだかリボンの騎士みたいな格好。

帽子には羽が付いている。ゴージャスなブルーのマントをはおり、銀の剣やらなにやら
じゃらじゃらたくさんつけている。
邪魔じゃね?と思ったら、もう戦いもないし、こういうゴージャスなものが好きだからいっぱい身につけて楽しいからね、とかいなんとか。
フランス人、28歳、名前はユワンだかユアン?そんな感じ。ユアン・マクレガーを思い出す。
金髪だが、これは染めている感じ。好きなように染めているというか。
なんだかとても軽い感じ。なんでこんな軽い感じなのか?

ユアン君にリトリーバル必要なところへ~とお願いすると
スーッと飛んでいき 着地したところは、石でできた建物。爆音が響く
爆撃をうけているみたいな。逃げ惑う人々、エンジ色の円形の帽子
上に房がついているトルコ帽みたいなのを被っている。
1826年とくる。

太った男が逃げることもせずに頭を抱えて石段に座ってぐったりしている。
名前はルドルフ?ルドウィ?
商人、貿易でものすごい荒稼ぎ。
最初はナツメヤシなど農作物で地道に稼いでいたが
金に目がくらみ武器商人となり、半分騙されたような感じではあるが
敵側にも繋がりそれが命取り。
気がついたら全て遅かった。全てを失い皆殺し。
自分が引き起こした状態と罪悪感に悩まされ町を彷徨っている。

ヘルパーにリトリーバルをお願いすると、どうするのかなーと思ったら
アラブの行商の大連隊みたいな、なんというか、アラブの大金持ちがラクダやら家来達を従えて
ゾロゾロ登場。小隊のトップになってるユアン君。
デブ商人に向かって、畑を任せたいからやってみないかと話してる。
「ナツメヤシを収穫して以前のようにノンビリ暮らそう。」

一緒に中東ののオアシスみたいなところへ行く。
集落があって、この商人の死んだ家族が迎えてくれる。


関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

プロフィール

ズボラン大佐

Author:ズボラン大佐
生きとし生けるものが幸せでありますように

楽園で余生を楽しみつつ日々精進
生存に対する妄執を絶ち
二度と母胎に近づかない
やるべきことは成しおえた、ということで


よきひとの
よしとよくみて よしといひし
よしのよくみよ よきひとよくみつ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

アルバム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー