FC2ブログ

Zvolog クリシュナ 別館

Ego Manifestorのひとりごと 最近すっかりハイヤーとの対話&神社メインに

Entries

原発再稼動反対

毎週毎週、どんどんデモに参加する人が増えているみたい。

20120629 大飯原発再稼働 官邸前で反対デモ拡大 投稿者 PMG5





日本で起こった史上最大の脱原発デモ

ここに詳しく書きおこしもされています
官邸前デモ6/29東京新聞・報道ステーション(動画・書き出し)・IWJ・TBSなど

ちびた母さんブログ「ちびた母さん」のひとり行動(デモ編)というのがあった。
子供をもつお母さん達は なおさら心配だろう。

7月7日は代々木公園でもあるらしい。
他の地域でもいろいろな活動が始まっている。

【7月の予定】

毎週(金曜)『原発再稼働反対』首相官邸
1日(日曜)『原発やめろデモ』新宿
7日(土曜)『NNMHデモ』代々木公園、
16日(祝日)『さようなら原発10万人集会』代々木公園、
29日(日曜)『脱原発国会大包囲』国会議事堂をキャンドルで囲みます。

大阪でもあったとか。
でも、賛成派の人も結構いるんだとか。
その理由というのは、電気が足りないから原発を動かした方が良い。
経済力が落ちるから、原発は動かさないといけない、ということらしい。

電気は足りるそうだし、経済力が衰える、って本当にそうなんだろうか?




そもそも処理方法がわからないものをどんどん生み出しているということからして
もうそんなものを使うということはアウトなんじゃないのかな?
そこは考えないのだろうか?
私も全く知らなかったし無関心だったけれども、一年動かしただけで恐ろしく莫大な量の核廃棄物を出すんだよ。
それを知ったら、もうこれ以上動かすのヤバイって思うでしょう。




原子炉は電気を作るためじゃなくて、プルトニウムを作り出すためのもの、核兵器の材料を作るためのものなんだとか。おっそろしー 平和利用といいつつ、実は核兵器を作るためだったのか。


でも一般世間の皆さんは そうでもないのかなー
動かせるのなら動かせるだけ動かす。それが良いことだと思っているのかもしれないね。

核廃棄物どんどん出して、放射能もダダ漏れ状態で、さらにもう一発ドカンとどこかで大事故があって
放射能汚染ばっちりと、なったところで、地球はどうということないよ。百万年くらい経てばまた元通り。
ただ、住んでいる人間とか、そのた生物が染色体異常をおこしたりなんかして、いろいろ病気がでたり、遺伝的に致命傷を負うことになるかもしれないだけのこと。
だから今莫大な利益を得ている人は原発止めようなんて夢にも思わないし、
総理大臣は、「人々の抗議の声」を「大きな音」としか認識していないし、
自分達には知ったもんじゃないんだろうね。

まぁそのうち新しいテクノロジーが生まれて放射能除去とか容易にできるようになるのかもしれない。
アニメの世界だね。

まだ汚染されないうちに、あちこち行っておくかー
DSC08131 genpatu

 







しかし、誕生日に大飯原発再稼動かぁ なんだかなぁ~
激しくなんかありそうな予感が~



あらあら もうウソばっかり、口先ばっかりだねー
政治家ってウソついてなんぼ、って商売なんだね。 
政治生命かけます~ できませーん はい、さようならー で、ほとぼりが冷めたところでまた出てくるってか??
最初から ひとりで責任取れるわけじゃないし、だれも責任とれないほど大きな問題なんだよね。
野田首相、原発事故の責任を取らないと閣議決定

まぁでもきっと良い方向に向かうさ。今すぐじゃなかったとしても…
あまり恐怖や不安にかられないでね。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  • from  
  • at 2012.06.30 19:20

プロフィール

ズボラン大佐

Author:ズボラン大佐
生きとし生けるものが幸せでありますように

楽園で余生を楽しみつつ日々精進
生存に対する妄執を絶ち
二度と母胎に近づかない
やるべきことは成しおえた、ということで


よきひとの
よしとよくみて よしといひし
よしのよくみよ よきひとよくみつ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

アルバム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー